癌の末期ステージ4|治療を諦めないことが大切

生死を分ける1時間

病院

心筋梗塞は、症状が見える場合もあれば稀に無症状の心筋梗塞が現れる場合があります。そのため、小さな変化でも絶対に見逃してはいけません。病院につくまでの処置で生存率が飛躍的に上がります。

More Detail

リウマチの痛みから開放

医者

リウマチを治療してくれるクリニックは、世田谷にも数多くあります。失敗しないクリニック選びとして、インターネットを利用することによって口コミやホームページなどを確認して事前情報を手に入れておきましょう。

More Detail

骨にできる癌

看護師

骨にできる癌、骨肉腫は若い世代に多い癌だと言われています。進行してしまうと、リンパ液や血液が近いため肺に転移しやすく転移してしまうと生存率が一気に下がってしまう病気です。

More Detail

末期の癌

入院

これから、日本人の2人に1人は何らかの癌にかかると言われているほど癌は国民病と言っても過言ではありません。昔に比べて癌は、完治が可能な病気になってきました。癌は、正常の細胞を癌細胞がどんどん吸収していくことによって癌の面積を大きくしていきます。癌にはステージと呼ばれる、癌の進行具合が1から4で表しています。1は初期段階で、身体のどこにも転移が見られない状態です。この状態で発見でき、直ぐに切除手術を行なえば術後5年以内に再発する確率は極めて低いとされています。癌は、術後5年以内に再発が見られない場合に完治とされます。しかし、ステージ4と診断されると、身体中に転移しているとともに癌の末期状態のことをさしています。

全身に転移した癌は、ステージ4と言われ手の施しようがありません。そのため、告知を受け癌患者は大きなショックを受けて、うつ病にまで発展するケースが見られます。ですが、治療を諦めなければ奇跡的に回復する場合もあります。そのため、ステージ4と宣告されても治療を諦める必要はありません。ですが、ここは患者とその家族とで治療方針をしっかりと医師と相談することが大切です。末期患者でも、回復した事例はあります。ポジティブに前向きに治療に取り組むことが、癌を克服する第一歩です。その他にも、様々な選択ができます。治療は諦めず、戦うことが大切です。ですが、自分にあった最善の治療を家族と見つけ家族と一緒に過ごし時間も大切だといえるでしょう。